もっと自由に働こう!

①フリーランス

①フリーランス

世間で求められている自由な働き方の中にはいくつかの方法がありますが、自由といえばまずはフリーランスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、フリーランスって実際どんな風に働いているのかがわからないという人もまた多いかもしれません。

Pocket

フリーランスとは

フリーランスとは

フリーランスは自営業なので、立場としては企業に雇われているわけではなく全くの自由です。言い換えれば、働くのも働かないのも全くの自由で、自分の知識や技術をサービスとして提供することでその対価を受け取るというごくシンプルなものです。フリーランスになりたいと思えば誰でもすぐになれますが、仕事が入るかどうかは自分自身の営業努力にかかっています。当然収入では会社員のような安定感は期待できず、働き方によってはたくさん稼げる月と全くと言っていいほど収入がないという月もあるでしょう。会社員なら自分の専門分野に関する仕事だけに専念して、税金や保険などについては会社側に処理してもらうことができますが、フリーランスになったら何もかも自分で行わなければならないので、独立するなら事前の調査と準備は必須事項ですよ。

フリーランスに多い職種は?

事業として成立するならどんな職種でもフリーランスになることができますが、フリーランスに多い職種というものはあります。特に、開業に手間とコストがかからず、知識と技術で勝負できることから、システムエンジニアやプログラマ、デザイナーなどといったIT系の職種はフリーランスとして活動しやすいと言われていますね。また、ライターや翻訳家などもフリーランスに多い職種です。ITは生活のあらゆる場面に密着しているものなので、市場における需要があるというのもフリーランスが増える大きな要因になっています。フリーランスに多い職種に共通しているのは、パソコンとインターネットがあれば完結できる仕事という点ですね。

フリーランスってどのぐらいいるの?

日本のフリーランス人口は、働いている人の40人に1人はいるとされています。学校に置き換えるなら1クラスに1人はいるというイメージでしょうか。ちなみにアメリカでは4人に1人と言われているので、それに比べればまだ数は少ないですが、働き方の多様化が進むにつれてフリーランスは今後ますます増えていくことになるでしょう。

フリーランスの報酬

フリーランスになっていくら稼げるようになるかは、職種によっても働き方によっても全く違うので一概には言えませんが、会社員のままでは到底稼げないような高い年収から、会社員にははるかに及ばない低い年収まで振り幅が広いのが特徴です。自分の努力次第で可能性を広げることができるという点では夢のある働き方と言えるかもしれませんね。

最新記事情報!

  • 企業側の7つのメリット

    ライフスタイルが多様化してきたことによって、働き方にも多様性が求められていますが、働き方が自由になることでメリットがあるのは労働者ばかりではなく企業側も同じです。企業側のメリットを労働者側がしっかりと理解し、それを仕事の成果に反映させていくことができれば、社員に与えられる自由はそのまま保たれることになるでしょう。そこで、多様な働き方を社員に認めることで企業側が得ることができる7つのメリットをご紹介します。

  • クラウドワーカーのライター向けの情報

    クラウドワーカーとしてライターが働くためのハードルは、他の専門職に比べるとそれほど高いものではありませんが、稼ぐライターになるためには努力が必要です。まずはとにかく記事をたくさん書くことが重要ですが、時間をかけ過ぎないように自分で心がけなければ、記事は書けたとしても稼げません。ライティングの仕事はクラウドソーシングサイトやライティング依頼専門サイトで簡単に見つけることができるので、ぜひ活用してライターデビューを飾りましょう。

  • フリーランスエンジニア向けの情報

    フリーランスエンジニアは、自由な働き方を選択したい人にとって働きやすい職種の1つです。ただし、稼げるフリーランスエンジニアになるためには、エンジニアとしての専門的スキル以上に大切なスキルもあるということを理解しておく必要があるでしょう。また、フリーランスを続けていくためには人とのつながりなども大切にしなければなりません。仕事探しは、個人で営業するよりも情報サイトを活用したほうがはるかに効率的です。

こっちも読んでみて!

  • ②クラウドワーカー

    クラウドワーカーとは、インターネット上で仕事の受注から納品までの全てを行うという働き方をする人のことです。クラウドソーシングの知名度が高くなるにつれて多くの人がこのサービスを利用するようになり、今では自由な働き方の1つとしてすっかり定着しました。クラウドソーシングと相性の良い職種はシステム開発やWeb制作などのIT系、デザイン、ライティングなどが多く、特定のスキルだけを生かして仕事をすることも可能ですよ。

  • ①フリーランス

    フリーランスという働き方は、働く時間も場所も全て自分でコントロールしたい人にとって最適の働き方です。報酬に変わる価値のある知識やスキルさえあれば、フリーランスになることは簡単ですが、稼げるフリーランスになれるかどうかは全く別なので、しっかりとした計画のもとに独立を実行しなければなりません。では、フリーランスに多い職種や気になる報酬面など、フリーランスについて知っておくべき基本とはどのようなものでしょうか。

  • 多様化が進む3つの理由

    いろいろな場面で頻繁に聞かれるようになった「多様化」という言葉は、働き方にも浸透してきている概念です。近年労働力人口が急速に減少する中で、人材の確保がどこの企業にとっても大きな課題となっている今の時代、既存の働き方にばかり固執していては人材が集まらず、事業の継続すら危ぶまれてしまうような状況です。では、日本の社会全体で働き方の多様化が急速に進んでいる理由をもう少し掘り下げて考えてみることにしましょう。

自由な働き方を探して

「自由な働き方で稼ぎたい」そう思っている人のためのお役立ち情報を紹介するサイトです。お問い合わせ