もっと自由に働こう!

多様化が進む3つの理由

多様化が進む3つの理由

近年よく耳にする「働き方の多様化」という概念が広まりつつあり、性別や年齢にかかわらず、多くの人が自分の置かれている状況に合った働き方を模索しているようです。では働き方の多様化が急速に進んでいるのはなぜでしょうか。3つの理由についてご紹介します。

Pocket

労働力人口の減少

労働力人口の減少

少子高齢化がどんどん進んでいて、2008年をピークに人口は下降傾向にありますが、それに伴って深刻な問題となっているのが労働力人口の減少です。15歳から64歳までを労働力人口は全体の6割程度と言われており、その割合は年々縮小傾向にあります。そのような中で危機感を持った国は、働き方改革によって自由な働き方を促進し、企業が労働力を確保できるような体制作りに力を入れています。そのため、従来の採用基準を大幅に変更し、多様な人材を労働力として取り込む方向へ方針をシフトする企業も現れています。

長時間労働を改善する必要性

自由な働き方の実現が急がれる理由の根本には労働力人口の減少がありますが、その前に考えなければならないのが、既存の働き方に含まれている問題点です。異動、転勤、長時間労働ありきの正規労働は、結婚や出産などのライフイベントで職場を一時離脱しなければならない女性達にとって不利なことも多く、働きたい気持ちはあっても働くことができない状況です。なんとか働けたとしても、パートタイムなどの非正規労働が精一杯という女性は多く、正規労働者になるまでの高いハードルがいくつもあるようなイメージです。
しかし、労働力人口が急速に減少する中、貴重な労働力を確保するためには女性の力がどうしても必要です。そこで、女性がもっと活躍しやすい労働環境を整えるべく、長時間労働の改善や有給休暇、育児休暇の取得を促進するなど、企業側が率先して働きやすい環境作りをするように変化してきたというわけですね。

ダイバーシティーマネジメント

人の多様性は、年齢、性別だけでなく人種、国籍、宗教、障害などの様々な背景の違いから生み出されているものですが、それら多様な個性を持つ人材を積極的に受け入れて活用しようというのが「ダイバーシティーマネジメント」です。経済をはじめあらゆる分野でグローバル化が求められる今の時代、他の人との違いを受け入れることは社会への適応に必要不可欠です。国も奨励するダイバーシティーマネジメントを実現するためには、多様な人材の個性を十分に生かせるだけの環境整備が絶対的に必要なので、社員全員が同じ環境、同じ条件で働くことを要求するのではなく、多様な働き方を選択肢として用意しなければならないのです。
既存の働き方から脱却して新しい環境を作るのは簡単なことではありませんが、労働力不足という現実が、そうも言っていられない状況に追い込んでいるという側面があるかもしれませんね。

最新記事情報!

  • 企業側の7つのメリット

    ライフスタイルが多様化してきたことによって、働き方にも多様性が求められていますが、働き方が自由になることでメリットがあるのは労働者ばかりではなく企業側も同じです。企業側のメリットを労働者側がしっかりと理解し、それを仕事の成果に反映させていくことができれば、社員に与えられる自由はそのまま保たれることになるでしょう。そこで、多様な働き方を社員に認めることで企業側が得ることができる7つのメリットをご紹介します。

  • クラウドワーカーのライター向けの情報

    クラウドワーカーとしてライターが働くためのハードルは、他の専門職に比べるとそれほど高いものではありませんが、稼ぐライターになるためには努力が必要です。まずはとにかく記事をたくさん書くことが重要ですが、時間をかけ過ぎないように自分で心がけなければ、記事は書けたとしても稼げません。ライティングの仕事はクラウドソーシングサイトやライティング依頼専門サイトで簡単に見つけることができるので、ぜひ活用してライターデビューを飾りましょう。

  • フリーランスエンジニア向けの情報

    フリーランスエンジニアは、自由な働き方を選択したい人にとって働きやすい職種の1つです。ただし、稼げるフリーランスエンジニアになるためには、エンジニアとしての専門的スキル以上に大切なスキルもあるということを理解しておく必要があるでしょう。また、フリーランスを続けていくためには人とのつながりなども大切にしなければなりません。仕事探しは、個人で営業するよりも情報サイトを活用したほうがはるかに効率的です。

こっちも読んでみて!

  • ②クラウドワーカー

    クラウドワーカーとは、インターネット上で仕事の受注から納品までの全てを行うという働き方をする人のことです。クラウドソーシングの知名度が高くなるにつれて多くの人がこのサービスを利用するようになり、今では自由な働き方の1つとしてすっかり定着しました。クラウドソーシングと相性の良い職種はシステム開発やWeb制作などのIT系、デザイン、ライティングなどが多く、特定のスキルだけを生かして仕事をすることも可能ですよ。

  • ①フリーランス

    フリーランスという働き方は、働く時間も場所も全て自分でコントロールしたい人にとって最適の働き方です。報酬に変わる価値のある知識やスキルさえあれば、フリーランスになることは簡単ですが、稼げるフリーランスになれるかどうかは全く別なので、しっかりとした計画のもとに独立を実行しなければなりません。では、フリーランスに多い職種や気になる報酬面など、フリーランスについて知っておくべき基本とはどのようなものでしょうか。

  • 多様化が進む3つの理由

    いろいろな場面で頻繁に聞かれるようになった「多様化」という言葉は、働き方にも浸透してきている概念です。近年労働力人口が急速に減少する中で、人材の確保がどこの企業にとっても大きな課題となっている今の時代、既存の働き方にばかり固執していては人材が集まらず、事業の継続すら危ぶまれてしまうような状況です。では、日本の社会全体で働き方の多様化が急速に進んでいる理由をもう少し掘り下げて考えてみることにしましょう。

自由な働き方を探して

「自由な働き方で稼ぎたい」そう思っている人のためのお役立ち情報を紹介するサイトです。お問い合わせ